様々な成分

食事療法が必要と言われた方には、持病を持つ方や介護が必要な方に食品を提供する宅配サービスやオンラインショップが便利です。
宅配の場合は電話かネットで注文の弁当タイプになって届けられます。
カロリーや塩分など、自分で献立をたてる時に挫折しがちな面倒な計算が一切要らず、この食事一つで食事療法が完了するため、重宝されています。
肉が苦手な方は魚中心のメニューなど、個別に対応できるメニューを取り揃えているため、組み合わせも自由です。
オンラインショップからは冷凍かパックになって届けられますが、野菜が不足した時には野菜だけのパック、おかずがほしい時は惣菜パックと、色々なパックから自分に必要な分を組み合わせて温めるだけというメリットがあります。

以前は糖尿病や腎臓病などの食事制限が必要な病気になると、病院で栄養指導を受けて、病食の本に掲載されている和食中心のメニューを参考にするしかありませんでした。
しかし、レパートリーが少ないため飽きがきたり、あれもだめ、これもだめと制限をされ過ぎて挫折してしまう方も多くいました。
現代では、制限内で同じ食事を食べる我慢の時代から、パンでも甘い物でも、お肉などの脂ものでも、制限内であれば量や質を考えるなら食べて良い時代に変わってきています。
制限食でもパンやスープを中心とした洋風や、デザートまで付くメニューが考えられており、宅配弁当やオンラインショップでは楽しい制限食を便利に取り寄せることができるようになってきています。