カロリー表示

病食についての正確な定義は現在のところありませんが、一般的には食事制限が必要な人向けの食事のことを指しています。
日常生活で食事制限が必要になる病気には腎臓病や糖尿病、高血圧症などがあります。
腎臓病の場合には、カロリーやタンパク質、塩分やカリウム、水分などに制限が設けられます。
また糖尿病についてはカロリー調整が中心で、糖質や窒素制限が設けられる場合もあります。
それぞれ設けられる制限は個人の病状によって異なってきます。
毎日の食生活のなかで大まかな栄養バランスについては知っていても、各栄養素について何に何g含まれているかまでは把握していない人が殆どです。
そのような時には、勉強も兼ねて病食の宅配サービスを利用するという方法もあります。
塩分量やタンパク質量などが記載されていますし、味や量の見本にもなるでしょう。
これを利用することで、精神的な負担を軽減するというメリットもあります。

現在、病食の宅配サービスをおこなっている会社は数多くあります。
病食に限らず、高齢者向けのケア食品や、栄養バランスを考えたバランス食など食事の宅配に対する需要が高まってきています。
そのため、各会社とも提供する食品のバリエーションが広がってきています。
病食の場合には各栄養素を何gまでという制限がありますから、これらが明記されているものを選ぶことが必要です。
また、一日3食分のタイプやおかずのみのタイプ、パンなどの単品食品や食材の販売をおこなっている会社もあります。
また、献立の種類や料金などは会社によって異なっています。
お試しサービスがある会社もありますから、これらを積極的に利用しながら、自分に合ったものを選ぶことが大切です。